引越しの見積もりの際の申告内容

同じ見積もりをするのであれば、意味のある見積もりにしたいのは言うまでもありません。どこの引越し業者でも、料金を見積もることでしたら無料で行っていますし、契約をしなかったからという理由で違約金が科されるようなことはないので、その点は心配する必要はありません。

しかし、いくら無料とは言えども、いい加減な気持ちで臨むのは、業者の担当者に対しても失礼ですし、さすがに望ましくありません。また、業者に申告する内容についても気をつけておきたいものです。では、申告内容については、どのように注意すれば良いでしょうか。

これに関しては、本当に希望している内容及び真実に基づいた内容を申告することです。例えばですが、当日の希望プランが午前便なのにフリー便と申告するようなことがあれば、料金は安くなることが予想できますが、実際の費用は安くならないのです。フリー便は時間指定はしない代わりに安くするだけですが、午前中から作業を行ってもらえるかと言えば、そうとは限らないのです。それならば、初めの段階から午前便を希望するという旨を伝えておく方が、後になって自分が困ることがなくなるのです。

また、引越しの際に荷物が多くなるのに、その事実を隠すようなことをしても、業者からすれば「なぜ先に事実を言ってもらえないのか」と困り果ててしまいます。これでは業者とは良い関係を構築していくことはできないですし、快適に作業を行うことにも支障をきたしてしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ