引越しの見積もりのスケジューリング

引越しの際に見積もりをする時は、実は基本的なマナーが存在します。このマナーがきちんとできているかどうかについても、引越し業者を快適にさせるのか、それとも不快にさせるのか、結果が異なってくるのです。ここでは、引越しの際の見積もりのスケジューリングに関するマナーについてお話します。

見積もりを希望するのであれば、このスケジューリングを確実に行っておくことは、いかなる場合でも欠かすことができないのですが、これが意外に疎かになっていることもあるのです。もしスケジューリングができていない状態で見積もりをそのまま行うことになれば、正確な費用を出すことができずに、業者が困ってしまいます。そうなると、業者としても、「このお客さんの作業は引き受けたくない」といった気持ちになってしまい、あまり気持ちの良い思いをすることはありません。

それどころか、これだけのことで不快感が増大してしまうのですから、スケジューリングが全くできていない状態でそのまま費用を出してもらうことは、重大なマナー違反であると言っても、決して過言ではないのです。もしこのような行為をしてしまうと、せっかくの値引きのチャンスが転がっていても、そのチャンスを上手く活かすことができず、高い費用での依頼をするハメにもなってしまいます。このようなことを考えると、まずはスケジューリングを自分できちんと行ってから、次のステップに駒を進めるようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ